起業をするなら貸事務所を利用しよう【初期費用が抑えられる】

オフィスを借りる時の準備

男性

オフィスは会社の前線基地ですから、貸事務所を借りる場合はそれなりの準備が必要です。事業内容によって立地も変わってくるので、まず場所の選定をします。次に広さを決めます。この2つが決まればあとはネットで物件を探し、不動産屋に現物を見せてもらいます。契約前に細かい規則などをチェックすることも大事です。

詳しく見る

PICK UP

最新記事一覧

借りるならこれです

男性

貸事務所であれば入居時のコストを低く抑えられ、ビジネスの目的に合わせていくつかの種類があります。ビルオーナーからすれば投資額の回収にも役立ちます。最近は大規模開発ビルの多くが数フロアーを使い、貸事務所を設置するようになって来ています。

詳しく見る

まずは賃貸で出発

ビル

会社を立ち上げるときには、仕事のしやすさに加え、取引先からの信用を得る意味でも、立地の良い場所に事務所を構えることがあります。費用面を考慮すると、不動産業者の持っている貸事務所の物件を利用することが無難であり、ホームページ検索はもちろん、事前に希望を伝えておくことで、よりよい物件と巡り合えます。

詳しく見る

事業を始める際には

会議

事業を始めるにあたってどれだけ節約することが出来るかというのが重要となりますが、事務所を用意する際に便利なのが貸事務所です。優れた立地であっても賃貸料が安く、何かあったら移動するのも簡単です。貸事務所には机と椅子を借りるタイプと部屋を借りるタイプがあり、メリットを考えて選ぶことが大切です。

詳しく見る

周りの環境にも注目

オフィス

インターネットで簡単に貸事務所を比較する事が出来る様になりました。そして貸事務所を探す際には様々な視点やポイントを絞って比べ、立地や価格を比較検討しながら、実際に足を運んで目で確認しておくのも良いでしょう。

詳しく見る

オフィス探しの基本とは

男女

一般的な入居条件

事業用物件の情報サイトでは、個別の貸事務所の保証金や賃料が示されないケースが多く、交渉を通じて条件を決めるのが一般的です。また質の高いオフィスを探す場合に便利なのは、会員制のサイトが提供してくれる、未公開の貸事務所の物件情報です。未公開情報の中には、これからテナントを募集する予定の建築中のビルもあり、オフィス移転用の物件としても手ごろです。一方で中小企業がお得な貸事務所を見つけたいときに役立つのは、地域密着型の不動産会社の物件紹介サービスです。30坪前後の貸事務所を中心に取り扱っているのが地元業者の特徴であり、賃料が20万円以内の物件もスムーズに探せるでしょう。大都市中心部の物件の平均的な保証金は家賃の半年分ですが、業者を通じてオーナーと交渉すると、値下げしてもらうことも可能です。とりわけオフィスを探している中小企業経営者に人気があるのは、仲介手数料が無料で、入居時の初期費用が割安な物件です。けれども本社を移転して業務の効率化を実現するためには、建物の設備や使いやすさを重視して物件を選ぶことも重要です。新築物件への需要も根強いですが、リーズナブルな賃料水準で快適なオフィス空間を確保するためには、リニューアル物件の中から選ぶべきです。エレベーターや空調設備などがリニューアルされている物件は、建物内部の快適性も高いので、オフィス移転を検討中の企業にも最適です。カーペットや照明設備も完備している物件は、内装工事不要ですぐに入居できるので、オフィス移転時のコストも割安です。

Copyright© 2017 起業をするなら貸事務所を利用しよう【初期費用が抑えられる】 All Rights Reserved.