女性

減少する成分を補う

鏡を見る女性

人の身体には、若々しさを保つための成分がいくつも備わっています。しかし、残念ながらその成分のほとんどが、加齢とともに失われてしまう成分であるのです。例えば、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンは加齢とともに減少することで有名な成分ですし、女性であれば女性ホルモンも減少していく成分です。これらの減少をそのままに、何も対策をしないでいると老けた印象を与える原因となる症状があらわれてくるのです。ある程度年齢を重ね、今までのケアでは物足りないと感じてきたら、それはアンチエイジング化粧品にシフトチェンジするタイミングです。また、20代後半から30代頃の早い段階からアンチエイジングに効果のある化粧品を使用することも、老化防止の効果があります。早い段階からアンチエイジングを意識してケアを続けることで、10年後20年後の肌に差が出てくるのです。アンチエイジングのための化粧品の中で、最も多いのが抗酸化作用のある成分を含むものです。体の中で余った酸素は活性酸素に変化するのですが、これが増えてしまうと皮膚にあるコラーゲンの弾力が失われてしまう原因になります。活性酸素を除去する力は加齢によって衰えてしまうものですので、抗酸化作用のある化粧品によってこの働きを助けてあげるだけでも肌の調子があがるのです。普段つかっている基礎化粧品を変えるだけで済むので、毎日継続していけるのがよい点と言えます。このように、肌の老化は少しの意識で防いでいけます。早すぎることも遅すぎることもありませんので、気になったその日からアンチエイジングケアを始めて若々しさをキープしましょう。